プロバイダとADSLの基礎知識

プロバイダで、ADSLの募集が行われています。

ISDNでは2回線分が利用できるのに対して、ADSLは1回線分しか利用できません。その代わり繋ぎっぱなしでも通信料は変わらないようになっています。それに対してISDNは、接続するのにダイアルアップを利用します、そのため、味^癖すポイントに接続を行う必要があるのです。IDを入力し、パスワードを入れることで通信が始められます。このため、接続と同時に通信料が発生するのに対してADSLは電話回線の電湾では利用しない高い周波数をネットの通信のために使用します。そのため、穂と角回線で1回線しか利用できない代わりに、ダイヤルアップで接続されることは無いので、繋ぎっぱなしにしても通信料の必要が無いのです。同じデジタル皆伝ではありますが、ISDNよりADSSLの方が遙に速い回線です。およそ200倍ほどADSLの方が速い計算になります。

もちろんあくまでも計算値なので、実際の速度はこれほど変わることは無いと思います。ADSLの使用料は、プロバイダにもよりますが、ミズ五木2千円から4千円ぐらいと言ったところです。また初期比喩も、キャンペーンなどを利用して、無料から8千円前後と言えるでしょう。光回線が多くなっていますが、新たに光ファイバーの回線を引き直さなければ行けません。ADSLならこれまでの電話回線がそのまま利用できるので、工事が家庭側では必要ないと言えます。速度的にもADSLならまだまだ問題なく利用できるはずです。