プロバイダとADSLの基礎知識

未だプロバイダをADSLのままにしている理由。

我が家では、プロバイダを光に変えなければと思いながらも何年もADSLのままで使用しています。以前、光の営業の女性が何度か電話をくださったりして、料金がお得になることなどを教えて下さったのですが、面倒くさがりなのと忙しさでその機会を逃したせいで結局未だに手続きをできずにいるのです。今住んでいるマンションに引っ越す前の家では、光の回線を使用していました。今の家に引っ越してすぐに光を継続しようと連絡し、回線をつなげるかという調査に来て頂いたのですが、その時に実はおかしなことがありました。年配の男性が2人みえ、「線が通るか」というような調査をされに来たのですが、残念ながらこのマンションでは光をしようすることができませんと言われ、付き添いのように後ろに立っていた男性が突然玄関に上がり、勝手にうちのキッチンで手を洗ったのです。

その時流しにはこれから洗おうとしている炊飯器の釜が置いてあり、その上で何も言わずに急に手を洗ったので、釜の中にその男性が洗った水が入ってしまいました。あまりのことに驚いて声も出ず、一緒に来ていた先輩のような男性は、勝手に何をするんだ!と怒ってはいたのですが、その方も驚きを隠せない様子で、当の本人は、だって手が汚れたのに何がいけないんだ!と怒っていたため、ますます私は何も言う事ができませんでした。その後マンションの工事をしたようで、光が使えるようになったようですが、そんなこともあって、料金がお得になることを分かっていながらもADSLのままで使用し続けています。