プロバイダとADSLの基礎知識

プロバイダとADSL回線がセットになったサービス

ADSLが登場する前はISDNなどのデジタル回線がインターネット接続の主役になるだろうと考えられていました。パソコンのデータはデジタルなのでそうなることが必然だと考えるのは当然の流れです。ADSLやISDNを利用しない状況ではアナログ固定電話回線をそのまま利用する方法しかありませんでした。その場合まずはアナログ固定電話回線にパソコンのデジタル情報を一旦アナログに変換して送り出し、受け側もアナログで受け取った情報を再度デジタルに戻すといったもどかしいことをしていました。通信速度もまるでデジタル通信を考慮されていなかったので低速でした。パソコンにはモデムというアナログ〜デジタル変換の装置が用いられていました。ただプロバイダを介してインターネットとつなぐといった方法は今と変わりません。

ADSLは同じアナログ回線を利用するのですが画期的な方法で高速に通信することを可能にしました。なぜかデジタル回線のISDNをしのぐ性能と低価格を実現してしまい、インターネット接続サービスを普及させる原動力になりました。常時接続という形態もこれによって広まりました。プロバイダとADSL回線がセットになったサービスが目をひきました。アナログ回線を利用することには変わりはありませんのでADSLモデムを使って通信を行います。LAN形式が家庭にも普及してきたのでルーターを介すると複数台のパソコンを接続することができます。今は光ファイバー回線が全盛となってきました。光ファイバー回線に比べてコストパフォーマンスで勝負するみたいです。

近頃良く聞くプロバイダは、ここのサイトで情報収集しましょう